カジノのスロットとパチスロが異なる点

2022年6月8日 @ 10:45 PM

財務省によれば、日本は毎年パチンコ・パチスロに2,000億ドルを費やしています。ほとんどの賭博の禁止にもかかわらず、業界はトップの自動車メーカーよりも多くの人を雇用しており、その国の余暇活動のほぼ半分を占めています。
近年、日本でカジノを合法化する政府の動きがあり、外国からの観光客誘致も含め、相当な経済効果が期待されていますが、パチンコ・パチスロ業界の水準に至るには長い時間がかかるでしょう。日本におけるパチンコには長い歴史があり、どんな田舎の町にも1件はパチンコ店があります。パチンコまとめではパチンコの機種タイプなど基本的な情報をまとめています。

全国に1万以上存在するパチンコ・パチスロ店には、カラフルなマシンの列がずらっと並んでいます。その目的は、ボールがマシンに撃たれる方法を制御する単一のホイールを回し、常に上に出てくるように定期的に再設定するピンをバウンスする前に、可能な限り多くの銀ボールベアリングを中央のスコアリングホールにドロップすることです。
「1本のボールはすべて一定量のポイントに等しく、そのポイントは賞品のカウンターで償還されます。あなたがどれくらい勝ち取ったかに応じて、石鹸を手に入れたり、エルメスバッグを手に入れることができます。パチンコ・パチスロ店では賞金を受け取る事はできませんが、別の店舗で賞品を賞金に換金する仕組みが存在します。

パチスロは、パチンコとカジノスロットを融合させたもので、カジノスロットととてもよく似ています。
しかし、日本の人口と同様に、パチンコ店の数は減少しています。 2005年に比べて3分の1近くも少なくなっており、市場が急速に年を取るにつれて若者を引きつけるようになっています。しかし、各マシンが3分の1で与えることができる最大配当をカットすることで、プレーヤーの中毒を制限し、制限する新しい法律が導入されました。つまり、5時間のセッションで420ドルを超えることはできません。

パチスロの還元率は平均して80%程度と言われています。これは、プレイヤーが消費した金額の内80%がプレイヤーに払い戻されているという事です。20%がパチンコ店の取り分という事になります。オンカジのオンラインスロット還元率はこれより高く、平均して96%くらいです。中には99%以上の還元率の機種もあります。

カジノスロットとは

カジノスロットとは、ラスベガスやマカオのカジノで遊べるスロットマシンや、オンラインカジノサイトで提供されているスロットゲームの事を言います。

昔はランドカジノのスロットは実際のリールが回転するものでしたが、現在のスロットゲームは全てデジタル化されています。ランドカジノでもオンカジでも、乱数発生装置によって当選がランダムに発生するようになっています。

インターネットの発達により、遠い外国からでもリアルタイムでスロットゲームが遊べ、かつオンラインカジノではお金を賭ける事ができます。

カジノスロットも従来のような絵柄が回転するだけはなく、絵柄が上から落ちてきて同じ柄が連鎖すれば消滅するという落ちモノ系のゲームのようなスロットも登場し、現在人気のカジノスロットの主流となっています。特に「ムーンプリンセス・スロット」や「ゴンゾーズ・クエスト」は世界的に人気があります。

パチスロに影響されたスロットも登場

もともとカジノ自体欧米の文化であり、オンカジは海外の企業が運営し、経営者は主に欧米人中心です。よっていかにも外国チックなオンラインカジノが多かったのですが、2021年現在、日本人の嗜好に合わせたオンカジがたくさん登場しています。

特に独自のパチスロ文化を持つ日本人に受けるスロットとして、パチスロの要素を取り入れたオンカジスロットが人気を呼んでいます。「ハワイアンドリーム・スロット」をリリースして話題となった日系のスロットゲーム開発会社JTGは、「花魁ドリーム」「ドリームズ・オブ・ゴールド」「雷撃ライジング」など、3リールのパチスロ風スロットを立て続けに公開しています。