Windows 7について

Windows7は、現在販売されているマイクロソフトの最新OSです。
機能は、Windows Vistaを継承していますが、OSそのものは軽くVistaのようなOSの機能を引きだすために、ハードウェアーに高価な金額を掛けなくても、それなりに使うことが出来るOSです。

一般に販売されているエディションは、Home Premium、Professional Ultimateの3種類で、基本的にHome Premiumが、Windows7のマルチメディア機能を備えています。
大きな特徴は、XPモードがあることです。

これはXP上で使用していたソフトを動かす機能で、主に業務用ソフトを動かすための機能ですが、XPを長年使っていたユーザーには便利な機能です。
またWindows Vistaでは、標準で搭載されていた、Windows メール、フォトギャラリーなどは、マイクロソフトのホームページから、必要な機能をダウンロードするように変更されています。

Windows Vistaが発売された当時は、64ビットOSで動くソフトも多くありませんでしたが、現在64ビット対応のソフトも増えたので、全てのエディションで64ビットと32ビットを選ぶことが出来ます。
Aeroの機能も充実し、プレビューデスクトップ、スナップ、シェイクなどを使用することが出来ます。

またタッチ機能があり、タッチ機能付きの画面ならば、特別なソフトを使わなくても、画面を指で触ることで各種操作が可能になっています。
Windows7は、パソコンを中心とした家庭にある各種メディアを一元管理出来るようになっています。

現在、LANケーブルの端子を持つテレビや、ブルーレイレコーダーなどが販売されいぇいますが、パソコンに保存した、写真やビデオをご家庭の大型テレビで見ることも可能になっています。
Windows7の持つ機能をフルに発揮させるためには、それなりのハードウェアーが必要ですが、現在ハードウェアーの値段も安くなっているのでお勧めできるOSです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*