Windows Vistaについて

Windows Vistaはマイクロソフトが総力をあげて開発したOSでしたが、売られた期間はそれほど長い物ではありませんでした。
Vistaの前に発売されていたwindows XPは、2001年から2007年まで発売され、今でもネットブックと呼ばれるミニノートには搭載されているOSです。

Windows Vistaの大きな特徴は、62ビット版と32ビット版が発売されたことと、エディション言われるVista自体がシリーズで販売されたことです。
マイクロソフトでも、一般向けOSとサーバー向けOSは分けて販売していましたが、一般向けOSでシリーズ化したのは、Vistaが初めてです。

エディションは、Home Basic、Home Premium、Enterprise、 Business、Ultimateの5つが発売されました。
Vistaの大きな特徴である、Windows Aeroは、Home Premiumから使用出来ます。

Windows Aeroは、グラフィックボードをパソコンに搭載することで、DirectXを用いて処理し、今までにない3Dを実現できる機能が付きました。
但し、高性能なCPUと2G以上のメモリーを必要とし、高価なグラフィック専用のボードを搭載しないと滑らかな動きは望めません。

新機能として、Aeroの他に、シェルと呼ばれる機能があり、タスクバーの内容がサムネイルで表示出来、ファイルの中身を表示出来たり、アイコンの大きさを自由に変更できる機能もあります。
音声認識機能も向上し、音声での文字入力や、音声でのパソコン操作も可能になっています。

特にこれらの機能とともに大きく変わったのはマルチメディア機能で、映像や音楽の再生をリモコンで操作が可能となりました。
これらの特徴を持ちながら、2年間と言う短い期間で、後継OSのWindows7に変わったのは、OS自体が重すぎたため、OSの性能を100%発揮するには、ハードウェアーにそれなりの投資が必要だったからです。

Windows 7について

Windows7は、現在販売されているマイクロソフトの最新OSです。
機能は、Windows Vistaを継承していますが、OSそのものは軽くVistaのようなOSの機能を引きだすために、ハードウェアーに高価な金額を掛けなくても、それなりに使うことが出来るOSです。

一般に販売されているエディションは、Home Premium、Professional Ultimateの3種類で、基本的にHome Premiumが、Windows7のマルチメディア機能を備えています。
大きな特徴は、XPモードがあることです。

これはXP上で使用していたソフトを動かす機能で、主に業務用ソフトを動かすための機能ですが、XPを長年使っていたユーザーには便利な機能です。
またWindows Vistaでは、標準で搭載されていた、Windows メール、フォトギャラリーなどは、マイクロソフトのホームページから、必要な機能をダウンロードするように変更されています。

Windows Vistaが発売された当時は、64ビットOSで動くソフトも多くありませんでしたが、現在64ビット対応のソフトも増えたので、全てのエディションで64ビットと32ビットを選ぶことが出来ます。
Aeroの機能も充実し、プレビューデスクトップ、スナップ、シェイクなどを使用することが出来ます。

またタッチ機能があり、タッチ機能付きの画面ならば、特別なソフトを使わなくても、画面を指で触ることで各種操作が可能になっています。
Windows7は、パソコンを中心とした家庭にある各種メディアを一元管理出来るようになっています。

現在、LANケーブルの端子を持つテレビや、ブルーレイレコーダーなどが販売されいぇいますが、パソコンに保存した、写真やビデオをご家庭の大型テレビで見ることも可能になっています。
Windows7の持つ機能をフルに発揮させるためには、それなりのハードウェアーが必要ですが、現在ハードウェアーの値段も安くなっているのでお勧めできるOSです。