FXコピートレード

FXのコピートレードは、日本でも最近に人気が高まっていますが、世界では幅広く行われている投資方法です。FXだけではなく、あらゆる投資においてコピートレードは積極的に行われています。コピートレードの魅力は、なんといっても、カリスマトレーダーとまったく同じ取引ができること。ソフトをインストールし、設定しておけば、あなたも今日からカリスマトレーダーと同等の取引ができるようになります。コピートレードのツールをインストールし、設定しておけば、トレーダーたちの取引内容がリアルタイムであなたのPCに送信されます。そしてすぐさま、まったく同じ取引内容が、あなたの専用口座で自動的に行われます。全て自動で行われるので、トレードをしているときも、していないときでも、あなたは自由に過ごすことができます。PC画面をじっと見つめる必要も、時間差を気にして夜遅くまで起きている必要もありません。あなたが寝ている間でも、設定したトレーダーが取引を行えば、それが自分の専用口座に反映されるのです。

FXでは、時間差によるズレにより、深刻な事態を引き起こすおそれがあります。だから、なるべくリアルタイムで取引内容がコピーできるコピートレードツールを選びましょう。eToroのOpen Bookを利用すれば、好きなトレーダーの動きを追跡し、利益が出てきた取引だけを選んで同じ取引に参入する事も可能です。

FXでは、大きな利益を得ることよりも、リスク回避のほうが重要だといわれます。だから、ロット数を以上に増やしたり、大きすぎるレバレッジを設定できないように制限をかけているツールが安心です。

jcbでfx

jcbは日本で高い信頼性のあるクレジットカードサービスです。

海外だとVISAやマスターカードのほうが人気ですが、日本においてはjcb人気が根強いです。

 

jcbを使ってfxができます。

これにはeToroというサービスを使います。

通常、fxで口座を開設し、送金する手続きはけっこう面倒なものです。

しかし、eToroを使えば、とっても簡単に送金できてしまいます。

 

eToroにはバーチャルfxを楽しめるサービスもありますから、

こちらも利用してみましょう。

無料のオンラインfx取引ソフトをダウンロードするだけで、実際の取引と同じ環境で、

バーチャルfxができます。

まずはこちらを利用してみてから、トレードにチャレンジしてみましょう。

Etoroなら、クリックひとつで簡単に口座開設し、jcbを使って口座に入金します。

 

jcbでfxをやると、とっても便利です。

入金するときは、moneybookersというタブをクリックするだけで完了します。

jcbからmoneybookersを通じて入金処理が完了するので、とってもスピーディーです。

はっきりいって、銀行振込よりも速いです。

fxにおいては、通貨の変動に応じて、どれだけ早く取引注文を出せるかで

勝敗が決まってきますが、jcbを使えばチャンスを逃しません。

 

また、jcbなら、小額での入金も可能です。

いきなり高額の取引をするのは気が引ける・・・という人は、ぜひjcbを。

わずか50ドルから始められます。

インターネットで投資、FX

投資と言えば、少し前までは株や不動産が一般的でした。それも、ある程度お金を持っている人に限られた特権のようなものでした。若いサラリーマンなどで、このような投資を行っている人というのはごく一部の人でした。

しかしここ10年の間に、投資は人々にとても身近なものとなりました。すべてインターネットの発達のおかげです。インターネットは、人々が家にいながら、リアルタイムで株などの取引をする事を可能にしたのです。株が買い求めやすくなった事も手伝い、巷にはインターネットを利用して短期の株取引を行うデイトレーダーと呼ばれる人々が増えました。

しかし、何と言ってもインターネットを使った投資の人気ナンバー1はFXでしょう。FXとは、外国為替証拠金取引の略で、色々な国の通貨を取引し利益をあげようというものです。テレビCMなども頻繁にやっているので、ご存知の方も多いでしょう。

FXが株などの投資と異なる点は、とても少ない資本でできる事です。数千円から可能なのですから、学生だってできてしまいます。たかが数千円の投資でも、儲けられる額が大きいのがFXの特徴です。そのしくみを少し解説しましょう。

FXを始めるには、まずFXブローカーである業者を選び、口座を開きます。その口座に、保証金又は証拠金と呼ばれる、元手を入金します。最低額は業者によってまちまちですが、大体5000円程で大丈夫です。

通常、5000円分の外貨を売買して利益が出たとしてもたかがしれています。しかし、FX取引では、元手も50倍、100倍、果ては400倍もの金額の取引が可能なのです。この倍率をレバレッジと言います。FX取引を開始する際に、購入通貨を選び、レバレッジを設定します。仮に100倍を選んだとすると、5000円の元手で500,000円分の取引ができるというわけです。

5,000円でレバレッジ100倍、500,000円で、米ドル$1=90円を買ったとしましょう。$5,555です。そして後日、$1=100円になったので円を買い戻しました。$5,555×100=555,500円。55,500円儲けた事になります。

数日で10円も動く事はあまりないのでこれは極端な例ですが、元手が数万円、レバレッジを400倍にした場合を考えると、為替の動きが少なくても大きな利益をあげる事ができるしくみが理解いただけたと思います。

もちろん、利益が大きいという事は、為替レートが予想と反した動きをした場合、損失も多額になるということです。損失が出れば、まず口座に入金した保証金から支払われます。しかし、入金した保証金以上の損失が出ないように、注意を払わなければなりません。

大抵のFXソフトには、ロスカット、損切り、ストップロスと言われる機能があります。これは、損失が取引開始時に設定した額に達すると自動的にポジション(取引中の通貨のペア)を清算するというものです。また、保証金よりも損失が大きくなる前に自動的に清算する場合もあります。この機能が備わっていないと、知らないうちに多額の損失を出す可能性がありますので注意が必要です。

バーチャルFX

ゲームのようなバーチャルFXを体験したので皆さんに報告します。

バーチャルFXとは今流行のFX-外国為替証拠金取引-を仮想の資金を使って運用する物ですが、バーチャルと言うだけあって、失敗しても懐が傷む事は全くありません。それどころか成績によっては主催の業者から賞品を貰えるサイトすら存在します。大手の業者では必ずと言って良いほどバーチャルFXを主催しています。

バーチャルFXを知った当初は各社の取引システムに興味が有ったし、チャートの見方やニュースの速さなど必死に比較、研究していました。しかし最近は若干飽きて来た事もあり、もっと気楽に楽しめる物は無いかと探していました。

そんな中で目にとまったのが「eToro」です。本拠地はキプロスで、イタリアを始めヨーロッパで人気があるらしいです。

デモは無料で体験でき、勿論リアルな価格が反映されます。またバーチャルFXとしては珍しくゲーム感覚を持ち込んだインターフェイスで、スポーツで損益を表現したりしています。

まだ始めたばかりで、使い易さの採点は付けられませんが、明らかにこれは楽しいです。

画面のデザインが美しく、キャラクターにも愛着が持てます。今までは目を三角にしてチャートを眺めていたのが、何とも愉快な気分で画面を眺めていられるのです。(リアルになれば、そんな雰囲気ではないのでしょうが)

何はともあれ、暫らくは「eToro」で楽しませて頂きましょう。

FX取引の練習ソフト

FX(外国為替証拠金取引)が、少ない資金でしかもオンラインで手軽にできる投資とあって、ここ数年大変なブームである事は周知の通り。不況であっても、株と違って下がる一方という事ななく、下がる通貨があれば必ずそれに対し上がる通貨があるというのも、魅力のひとつだ。

通貨を価値が低いときに買い、価値が上がったら売る、というシンプルな取引。

それなのになぜ、こんなに難しくて複雑なのか。ちょっとどんなものか知りたくてネットで検索すると、もう何がなんだかよく分からなくなってくる。

そんな時は、まずやってみる。

泳ぎ方の本をたくさん読んでも、実際に泳げるようになるには水に入らなくては・・・

という訳で、FXの練習ができるソフトをダウンロードした。初心者にもわかりやすく、できる限りシンプルな構成にしたというeToro。実は練習用のソフトではなく、実際に取引をするソフトを全く同じなのだが、お金を使わないという所だけが違う。

このソフト、アニメーションを使ったビジュアルモードというのがあり、これを選ぶと、ローソク足や棒線グラフの代わりに各国の通貨を代表する選手がマラソンレースをしたり、綱引きをしたりする。子供でもFX取引ができてしまいそうだ。

また、うまくやっている他のトレーダーの真似をしよう!とソフト自身が勧めている。トップ100トレーダーの今人気の通貨ペアがリアルタイムで表示されるので、どの通貨を買ってみようかわからない場合は、彼らの真似をしてみる。

その他にもコンテストやら何やら色々とあり、わいわいとFX取引をゲームのように楽しんでしまおう、というソフト。

これでFXの練習をしたら、他のソフトは使えないかもしれないが・・・

それにしても、これならFXってどんなものか、基礎を理解する事は誰にでもできそうだ。