ワンピースとドレスを着まわししましょう

現在、ワンピースが流行しています。
最近では、レギンスや短パンなど、ワンピースに合わせられるアイテムも豊富に登場していますので、現在は昔のような画一的な着こなしにならずに楽しめるところが特徴です。

ワンピースは羽織るものや靴を変えるだけで違った印象を作り出すことが出来ますので、節約できるアイテムとしても注目されています。
特に、ワンピースにもスカートにもなるような2WAY使いが出来るタイプが人気を集めています。

また、丈に気をつければ身長のコンプレックスを隠すことも出来ますし、体型をカバーするにも力を発揮してくれるのがワンピースです。
現在は花柄が流行していますが、花柄が苦手という人でも柄の小さいものを選ぶことで抵抗なく着ることが出来ますし、女性らしい華やかさを印象づけてくれます。

同様に、パーティードレスもラインナップが豊富になってきています。
以前は黒などのモノトーンを中心にラインナップされていましたが、最近では明るい色も増えてきており、パーティーのスタイルに合わせた様々なドレスが発売されるようになってきました。

ワンピース同様、ドレスもボレロやストール、アクセサリーなどを変えることで、スタイルの変化にも対応することが出来ます。
例えば、黒のドレスを一着持っていれば、フォーマルの場合には真珠のネックレスを合わせて、カジュアルにはコサージュを合わせれば着まわしが出来ますので大変便利です。

華やかに見える反面、実は着まわしが出来る優秀なアイテムとして、ドレスもワンピースも活用することが出来ます。

流行のスタイルにも個性を

おしゃれに気を遣いたい人なら、つねにファッションに敏感であるべきです。

流行に乗り遅れたり、とっくに過ぎてしまった格好をしていると、センスが無い人と思われたりします。

どうしたら流行をいち早く取り入れられるかといえば、ふだんからファッション雑誌を度々チェックすることです。

またインターネットで検索するのも、簡単で早くていい方法です。

流行のファッションといっても、いろいろなジャンルに分けられます。

たとえば、カジュアル系、ギャル系、お姉系、B系などがあり、だいたい同じ系統のものを組み合わせて着るといいようです。

まったく違ったジャンル同士を組み合わせても、異質な雰囲気になってしまいます。

合コンやパーティーなどで、同じ系統のファッションの人が集まってしまうと、みんな同じに見えて個性が出なくなってしまいます。

あくまでも自分らしさを強調したいなら、流行りのファッションにプラスして香水などにもこだわるといいでしょう。

自分でお気に入りの香水を見つけて、ぜひ自分らしさをアピールしましょう。

ドルチェアンドガッパーナのライトブルー、イブ・サンローランのベビードールなどは、特に人気があるようです。

香水をつける場所は、手首の内側、うなじ、ひじの内側、また太ももの内側やひざの裏、足首などがいいです。

また、バンダナや、バッグなどの小物をそろえ、それらを流行の色やデザインにすると、より一層おしゃれに見えます。

ファッションに敏感になりたいからといって、そのたびに新しい服を買っていたのではお財布も大変です。

流行のファッションを上手に取り入れて、しかも無駄に買わないという方法はないものでしょうか。

ポイントをためておいて買うのもいいでしょう。

つねに流行に敏感でいながら、手持ちの服と調和のとれたファッションにするといいのかもしれません。

また、安いものをたくさん買う人もいますが、長持ちさせて大切に着ようという気持ちが起きず、かえって無駄買いにつながります。

質の良い長持ちする服を買うほうが、結果的には安く済みます。

ファッションに合わせたいブーツ選び

足元にもきらっと個性的に光るおしゃれを楽しみたいですね。

カジュアルなファッションでも、ちょっとかしこまった格好でも、ブーツは足元だけでなく全体をファッショナブルに輝かせてくれます。

今年は、くしゅくしゅっとした感じのブーツをよく見かけます。

ムートンブーツやエンジニアブーツは、昨年にひき続いて人気のようですが、やはりそれもくしゅくしゅしています。

くしゅくしゅブーツは、ごつい感じがせず、女の子らしいやわらかさが出るので人気があるのかもしれません。

ムートンブーツは、値段も安く、かわいらしくて暖かいのも人気の理由なのでしょう。

また、レースアップブーツも流行しています。

スケッチャーズのフェイクファー付きレースアップブーツなどは、かわいいのでおすすめです。

レースアップマウンテンブーツは、トレッキングシューズに似ているので、多少男性っぽくはなりますが、いい感じです。

ニーハイブーツは、ミニスカートと合わせるとよく合います。

モコモコなブーツは人気があり、素材はファーやムートンなどが流行っています。

また、まっすぐくびれのない筒型シルエットタイプのブーツも、いろいろな洋服と合わせやすく、エレガントなので人気があります。

もちろん、ウエスタンブーツも定番としてひとつは持っていたいものです。

どのブーツでも、たくさんの色がそろっています。

黒や茶色はもちろん、スエード素材でピンクやブルーのニーハイブーツもあります。

ブーツは、自分の持っている服と合わせて選ぶのがいちばん大切です。

ワンシーズンに何個も買う人は少ないでしょうが、もしももう1足買うなら、ピンクなども意外といろいろな服に合います。

今年はゴージャスなファー使いや、折り返しできるボアタイプなどと、デザインの幅が広がって、個性に合わせて選べます。

もちろん、昨年に大流行したブーティも進化して登場してきました。

ふわふわのラビットファーは、脚がすらりと細く見えます。