オンラインカジノ入出金 決済サービスいろいろ

オンラインカジノをリアルマネーでプレイするには、カジノサイトに開設した自分のアカウントへまず入金をしなくてはなりません。

インターネットサービスで一般的に支払いに利用されているのはクレジットカードや銀行振り込み、ウェブマネーやPaypal、コンビニ決済でしょうか。しかし、オンラインカジノの場合は少しだけ勝手が違います。

まずオンラインカジノはギャンブルですから、日本には運営会社はありません。また、日本では海外のオンラインカジノを国内で利用する事が法律的に合法か違法かが明確になっていない、いわゆるグレーゾーンという事があり、クレジットカード発行会社がオンラインカジノでの利用を許可していない場合があります。よって、多くのプレイヤーはインターネット決済システムを利用する事になります。

少し前までは、マン島に拠点を置くネッテラー(Neteller)が有名でした。ほとんどのオンラインカジノで取り扱われていて、入金・出金がスムーズな事や日本語にも対応している事から人気がある決済サービスでしたが、2016年9月以より、日本居住者に対しオンラインカジノでの利用が制限されています。ネッテラーと並んで有名だったスクリル(Skrill – 旧マネーブッカーズ)も日本から撤退してしまいました。

この2つの大手決済サービスに代わるものとして、現在よく利用されているのはエコペイズ(ecopayz)です。また、エントロペイ(entropay)も多くのカジノで導入されています。
それほど有名ではないものの、アイウォレット(iwallet)やウェバンク(webanq)も一部のオンラインカジノで導入されています。(完璧とは言えませんが)どのサービスも日本語対応しています。

プレイしたいオンラインカジノでどの決済サービスを導入しているか、その決済サービスの口座への出金が可能かなどは、まず確認しておきたいポイントです。また英語に自信がない方は、ウェブサイトだけでなく、日本語サポートの程度も確認しておいた方が良いでしょう。

オンラインカジノへの入金と出金

オンラインカジノは、パソコンやスマートフォン上でインターネットを介して遊べるカジノサイトの事。全て海外の会社が運営しているものですが、多くのサイトが多言語展開をしており英語はもちろん、ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語などのヨーロッパの言語をはじめ中国語や日本語でもサービス提供されています。

日本語に関しては、サイトによってどこまで日本語化されているかの差はありますが、大手といわれるオンラインカジノでは大体ゲームのプレイ方法やキャンペーンの内容、入金や出金方法なども日本語で案内されています。ゲーム自体が日本語にで提供されていない場合もありますが、特に英語ができなくてもそれほど困るという事はありません。

そうは言っても、運営をしている会社が日本の会社ではないわけですから、何か問題があった場合に日本語で対応してくれるかどうかは、登録や入金をする前に確認しておきたいポイントです。

オンラインカジノへの入金

海外サイトを利用する上で一番気になるのがやはりお金に関わるところ、オンラインカジノへの入金と出金でしょう。特にカジノの場合は、勝てば大金が得られる可能性があるわけで、せっかく勝っても出金ができない、やり方がわからないというのでは元も子もありません。リアルマネーでプレイするなら、入金方法はもちろん、出金方法も最初に確認をして置く事が大切です。

入金に関しては、大体どこのオンラインカジノでもクレジットカード、各種オンライン決済サービスを用意しています。
クレジットカードは、オンラインカジノが合法を認められている国に居住している場合は問題ありませんが、合法ではないが違法とも確定されていないようないわゆるグレーゾーンの国の場合は、まず利用できないと思ってよいでしょう。これは、クレジットカード発行会社がオンラインカジノでの使用を禁止しているためです。

最も使いやすいのはエコペイズエントロペイといった決済サービスです。これはカジノへ直接入金するのではなく、決済サービスに口座を開設し、そこへクレジットカード等を使って入金し、その口座からオンラインカジノサイトへ送金する形になります。最初は口座開設など少し面倒ですが、出金の際もカジノサイトから決済サービスの口座へスムーズに出金できる場合が多いので、便利です。もちろん、利用しようとしているカジノがどの決済サービスに出金可能かを調べてから口座を開設しましょう。

オンラインカジノと取引をしているわけですから、決済サービスも海外の会社となります。英語に自信がない場合は日本語に対応しているところを選びましょう。

オンラインカジノからの出金

出金の手続きをする際に、身分証明書コピーを提出する必要があります。運転免許証やパスポートのコピーなどがこれにあたります。写真を撮って送るのが一般的です。また、住所の証明として最近の公共料金の請求書/領収書のコピーも要求されます。これはマネーロンダリング防止のために、カジノサイトへ義務付けられているためであり、政府のライセンスを取得して運営しているオンラインカジノサイトが従わなくてはいけないルールです。これを拒否すると出金してもらえませんので注意しましょう。

このような手続きがあるので、やはりサポートがしっかりしているオンラインカジノを利用するようにしましょう。運営国現地の日本人スタッフが丁寧に対応してくれるカジノもたくさんあります。