妊娠中期に注意したいこと

妊娠中期とは、つわりが治まり、赤ちゃんの状態が安定期に入る頃と言われています。つわりが治まったことで食欲がわいてくる時期でもありますので、食べ過ぎないように注意する必要があります。お腹の子供や出産の為にも、栄養バランスやカロリーをしっかりと考えた、規則正しい食事を摂るように心がける時期でもあります。

add comment

妊娠後期から出産までの対処法

妊娠後期になると、お腹の張りや痛みが定期的に起こるようになってきます。お腹の張りは子宮の収縮が原因で起こり、生理的な現象であるため心配する必要はありません。お腹が張って苦しいときは、横になって安静にしていると、大抵は痛みが和らいでいきます。なかなか痛みが引かない場合や、数分おきにお腹が張るようなときは早産の可能性もあるため、すぐに医師の診察を受けましょう。

add comment

ストレスを溜めない赤ちゃんとの過ごし方

生まれたばかりの赤ちゃんとの生活は慣れないことや大変なことも多く、ストレスを感じやすい時期でもあります。特に母親は日中、赤ちゃんと二人きりで過ごすことが多く、赤ちゃんの面倒が忙しくてなかなか気の休まる時間がない人も多いことでしょう。

add comment

突発性発疹の症状と対処法

突発性発疹は生まれて半年から1歳くらいの子供がかかりやすい病気で、38~40度ほどの高熱が3、4日続きます。生まれて初めての発熱であることが多く、せきや鼻水などの風邪に見られるような症状は出ないのが特徴です。

add comment

手足口病の特徴と症状

子供がかかりやすい病気の一つに「手足口病」があります。これは、手のひら・足の裏・口内に水泡が出来ることから由来しています。乳幼児に発症することは一般的で、通常は保育所や幼稚園で夏に流行することでも知られている病気なのです。感染経路としては、粘液等からの直接感染若しくは感染者の糞便から感染します。

add comment