訪日外国人に人気の観光地


羽田空港が本格的な国際サービスに復帰したことや、中国政府が観光ビザを取得しやすくしたことなどから、訪日外国人観光客は2011年に約840万人を記録したという。前年同月比で22.4%増えたものの、日本観光振興会の目標1000万人には届かなかった。中国との外交的行為や円高の長期化などにより、外国人旅行者にとって日本はより高価な場所になっている。 [出典:読売新聞、2012年1月11日]
国別では、韓国人の来訪者数は前年比53.3%増の約234万人となった。中国人訪問者数は40.5%増の約141万人に達し、台湾訪問者の2位を上回った。台湾は3位でした。約120万人が日本を訪れ、前年より23.8%増加した。五番目と五番目は米国と香港だった。

海外の観光産業は年間130億ドルと評価された。別の計算では、2011年の外国人観光客の総数は9,433,671人で、前年比で24%増加した。国別では、韓国人269万人、中国人166万人、台湾人131万人、アメリカ人76万人であった。

日本への外国人訪問者は、世界経済の減速の結果、2009年に20.3%減少して6,333,394人となった。日本は2007年に833万人の外国人を歓迎し、そのうち593万人が去年より13.3%増加した。このうち韓国からの人数は230万人、台湾人は130万人、米国人は493,000人、中国人は407,300人、香港人は40万人、オーストラリア人は170,000人であった。 2007年には、世界で28位にランクされたフランスは、816万人を歓迎した。外国人観光客が日本よりも韓国、ポーランド、クロアチア、マカオを訪れた。 1960年代には、日本は安い外国の旅行先とみなされました。日本への外国人旅行者の数は、1980年の120万人から1985年の330万人へと1991年の330万人に増加し、1995年の330万人から2001年の470万人に増加した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*