訪日インバウンド、中国人が多数

日本は旅行ブームの真っ只中です。 2016年から19.2%増加して2820万人の外国人観光客を歓迎し、2017年には記録的な急増を見せており、景気の減速の兆しは見えていない。

観光客が増えるにつれて、かなりの支出が発生します。日本経済新聞によると、2017年には、2016年から17.2%増加した42億円(392億米ドル)の驚異的な観光客が日本人観光客に日本経済に入ったと伝えられている。

桜、酒、寿司の国を訪れる観光客の多くは、中国や韓国から来ており、国際観光客の50%以上を占めています。中国人がシェアを占め、732万人(全体の25.2%)を占めています。韓国人は710万人(24.2%)にとどまっている。
中国と韓国の地理的近接性が近いことから、これらの国々は、他のアジア諸国と比較して、より少ない費用と短い旅行時間で日本を訪れる利点がある。
日本への中国の観光の台頭は比較的新鮮な出来事である。 2007年には、中国からの訪問者が942,229人になりました。それ以来、数字は620.2%上昇した。
近くの地理的近接性とは別に、旅行者は現在、日本の大都市を越えての投資に興味を持っています。技術がより自由でより便利な旅行を可能にするため、観光客は邪魔にならない目的地を独特の体験で探し求めることができます。東京は首都圏で最も高い都市ですが、日本の古都、京都は、2017年に日本の都市を訪れた上位10都市のうち、前年比で20.2%の成長率を記録しました。

大分県、佐賀県、青森県などの日本の他の旅行先では、海外からの訪問者が数多く見られました。これは、ユニークで思い出深い日本の経験を求めている観光客に集中していました。日本の温泉、伝統的建築、文化ショー、地理的場所など、

中国の観光客が支出ランキングを上回り、2017年には1人あたり230,333円(2億6650万ドル)の平均支出を出した。
3年前、投機筋は日本が観光ブームの準備ができていないと懸念した。しかし、ドルに対してドルが下落し、日本政府が来訪者を急増させたことで、国が観光インフラに投資する必要があることが明らかになりました。

「クールジャパン」「オモテナシ」などのナショナルブランドを通じ、桜やアニメなどの文化的シンボルを活用して経済をさらに拡大しました。この素晴らしい投資、鮮やかな交通システム、清潔な空気、歴史と文化の豊富さ、そして免税ショッピングの充実に加えて、日本は今後数年間に観光のさらなる増加を見込む可能性があります。未来は中国のツーリストである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*