人材紹介会社の口コミサイトの口コミ

人材紹介会社についての評判を載せた口コミサイトを、あちこち訪問してみました。
いろいろ書いてあって面白かったです。
なかでも、自社サイトであるにも関わらす、良い、良くも悪くもない、
悪いがその評判記事として公平に掲載されていたところには好感が持てました。

「○○を選んで、本当によかった」。「○○は対応が早く、超オススメ」。
これが、“良い”の人たち。

「カウンセリングの方も、淡々としていて特に良くも悪くも無かった」。「なかなか連絡が来ず、不安になった」。
“良くも悪くない”の方々のご意見です。

「カウンセラーの方に良い印象を持ちませんでした」。「コンサルティングの対応に、非常に不快な思いをさせられた」。
これは当然、“悪い”と評価した人たちのご意見です。人材紹介会社についての評判もさまざまです。

さて、これらの意見をお聞きになられて、どのような感想をお持ちになられるでしょうか。
といっても、これらはたくさんある人材紹介会社の評判のほんの一例にすぎません。
ですので、これだけで判断せよとっても、少々無理かもしれません。

ぼくは思います。どのような事もそれを運営しているのは、その中にいる人間なのだと。
よしんばそのシステムが完全無欠であったとせよ、それを運営する人間は、
ぼくたちと同様に不完全な存在であるのです。

そしてそれを利用する側の人間もまた、けっして完全ではないのです。
人材紹介会社についての評判の数々だって、その例から漏れることはありません。

不完全な者同士が額をこすり合わせるようにしていれば、例えそこが天国であったとしても、
多かれ少なかれ、不快な思いもするでしょうし、不愉快に腹を立てることだってあるでしょう。

むしろ、あって当たり前です。
ことに大人が自分の生活をかけて真剣になれば、相手の感情面を無視する局面だってたぶんあるでしょう。

確かドイツのゲーテがこんな感じの言葉を残しております。
“意見の違うことなど、気にしてはいけない。
それよりもその人が同じ目的に向かっているのか否か、その行動を問え”とのことです。

“不快な思い”、“不愉快な思いをした”、“対応が悪くて頭にきた”。ごもっともです。
誰だってそんな場面では腹を立てるでしょう。

そんな嫌な思いをさせられた人に、どのように報いたらいいのでしょうか。
答えは、たった一つです。見事、転職を勝ちとって、ニッコリと笑うこと。それしかありません。

人材紹介会社の口コミランキングサイトでも体験談が載っているこちらのサイトはとても参考になりました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*