カジノのスロットとパチスロが異なる点


By Yanajin33 [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], from Wikimedia Commons

財務省によれば、日本は毎年パチンコ・パチスロに2,000億ドルを費やしています。ほとんどの賭博の禁止にもかかわらず、業界はトップの自動車メーカーよりも多くの人を雇用しており、その国の余暇活動のほぼ半分を占めています。
近年、日本でカジノを合法化する政府の動きがあり、外国からの観光客誘致も含め、相当な経済効果が期待されていますが、パチンコ・パチスロ業界の水準に至るには長い時間がかかるでしょう。

全国に1万以上存在するパチンコ・パチスロ店には、カラフルなマシンの列がずらっと並んでいます。その目的は、ボールがマシンに撃たれる方法を制御する単一のホイールを回し、常に上に出てくるように定期的に再設定するピンをバウンスする前に、可能な限り多くの銀ボールベアリングを中央のスコアリングホールにドロップすることです。
「1本のボールはすべて一定量のポイントに等しく、そのポイントは賞品のカウンターで償還されます。あなたがどれくらい勝ち取ったかに応じて、石鹸を手に入れたり、エルメスバッグを手に入れることができます。パチンコ・パチスロ店では賞金を受け取る事はできませんが、別の店舗で賞品を賞金に換金する仕組みが存在します。

パチスロは、パチンコとカジノスロットを融合させたもので、カジノスロットととてもよく似ています
しかし、日本の人口と同様に、パチンコ店の数は減少しています。 2005年に比べて3分の1近くも少なくなっており、市場が急速に年を取るにつれて若者を引きつけるようになっています。しかし、各マシンが3分の1で与えることができる最大配当をカットすることで、プレーヤーの中毒を制限し、制限する新しい法律が導入されました。つまり、5時間のセッションで420ドルを超えることはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*