スマホでスロット

オンラインカジノで、最もスマホに適しているゲームはスロットではないかと思う。その次はルーレットか。片手で遊べる事は大前提として、プレイ中に色々なボタンを押さなくて良いところが、オンラインスロットがスマホに適したゲームだと思う理由である。

ブラックジャックだと、自分の番が回ってくる度に、次のカードを引くか、スタンドするかを考えてそれに合ったボタン操作をしなければならない。ルーレットでも、チップの量を決めてどこに賭けるかでタップする場所は変わってくる。自宅でじっくりプレイするのなら良いが、どうせ自宅にいるのならパソコンでプレイした方が画面も見やすくて快適だろう。指先がちょっとずれて隣のボタンをタップしてしまったが為に大損してはかなわない。

例えば移動中にスマホで遊ぶ事を考えると、スロットの場合、あらかじめコインバリューやベットレベルを1度設定しておけば、あとはスピンボタンを押すだけだ。モバイル版のオンラインスロットのボタンは、スマホを持ってタップしやすい所にボタンが設置されているし、左利き用にボタンの位置が画面左側になる左利きモードがあるゲームもある。更に、あらかじめスピン回数を設定できるオートプレイがほとんど全てのオンラインスロットに搭載されているので、回すたびにボタンを押さなくて良いどころか、画面に触る必要さえない。

小さなスマホの画面でオンラインスロットをプレイするのに唯一わずらわしさを感じるとすれば、ボーナスゲーム等で、画面に散らばったアイテムから好きなものを選択していくような場合か。しかし、ボーナスゲームで狙ってた隣のアイテムをタップしてしまったからといって、それほどゲームに影響があるとは考えにくい。

カジノ店舗でも、テーブルゲームよりもスロットの方が敷居が低く、構えないでプレイしやすい事がスロットが人気の理由のひとつであると言える。カジノ慣れしていない観光客がトライしやすいゲームでもある。

それを反映してか、最近はどこのオンラインカジノもスロットイチオシだ。どこもホームページにずらりとスロットを並べている。このスロット人気、スマホの普及と関係がないとは言えないだろう。

オンラインカジノ入出金 決済サービスいろいろ

オンラインカジノをリアルマネーでプレイするには、カジノサイトに開設した自分のアカウントへまず入金をしなくてはなりません。

インターネットサービスで一般的に支払いに利用されているのはクレジットカードや銀行振り込み、ウェブマネーやPaypal、コンビニ決済でしょうか。しかし、オンラインカジノの場合は少しだけ勝手が違います。

まずオンラインカジノはギャンブルですから、日本には運営会社はありません。また、日本では海外のオンラインカジノを国内で利用する事が法律的に合法か違法かが明確になっていない、いわゆるグレーゾーンという事があり、クレジットカード発行会社がオンラインカジノでの利用を許可していない場合があります。よって、多くのプレイヤーはインターネット決済システムを利用する事になります。

少し前までは、マン島に拠点を置くネッテラー(Neteller)が有名でした。ほとんどのオンラインカジノで取り扱われていて、入金・出金がスムーズな事や日本語にも対応している事から人気がある決済サービスでしたが、2016年9月以より、日本居住者に対しオンラインカジノでの利用が制限されています。ネッテラーと並んで有名だったスクリル(Skrill – 旧マネーブッカーズ)も日本から撤退してしまいました。

この2つの大手決済サービスに代わるものとして、現在よく利用されているのはエコペイズ(ecopayz)です。また、エントロペイ(entropay)も多くのカジノで導入されています。
それほど有名ではないものの、アイウォレット(iwallet)やウェバンク(webanq)も一部のオンラインカジノで導入されています。(完璧とは言えませんが)どのサービスも日本語対応しています。

プレイしたいオンラインカジノでどの決済サービスを導入しているか、その決済サービスの口座への出金が可能かなどは、まず確認しておきたいポイントです。また英語に自信がない方は、ウェブサイトだけでなく、日本語サポートの程度も確認しておいた方が良いでしょう。

スロット オンラインカジノ編

スロットは世界中のカジノで最も人気があり、カジノの収益の大きな割合を占めるゲームです。日本でもパチスロとして親しまれ、競馬や競輪などと比較してもギャンブルの中では最も身近で一般的なゲームであると言えるでしょう。

最近はソーシャルスロットと言って、SNSでつながった友達からコインを送りあったり、コインは購入するものの勝っても賞金は貰えない、ギャンブルではない形でスロットが楽しめるモバイルアプリ等にも人気が集まっています。

しかし最もスロットの醍醐味を手軽に味わえるのはオンラインカジノです。オンラインカジノとはインターネット上で営業しているカジノで、お金を賭けて遊ぶものです。オンラインカジノのスロットゲームの特徴は、まずその数。どこのサイトも、何百種類ものスロットゲームを用意しています。コンピュータゲームなので、機能も豊富。ただスロットを回して絵柄が揃えば当たり、というだけでなく、特定の絵柄が出現するとボーナスゲームが始まるとか、無料で10回まわせるとか、色々な仕掛けがあります。いちいちクリックしなくても自動で回すオートプレイは当たりまえで、あらかじめ何回まわす、自動プレイ中に当たりが出たらそこで停止する、残金がいくら以下になったら停止する、などの設定をして置く事も可能です。

まさに進化したカジノゲームをパソコンや、スマートフォンで簡単にプレイできる事から、オンラインカジノは世界中で人気を博しています。もちろんオンラインカジノで実際にお金を賭けて遊ぶ事はギャンブルに当たりますので、居住国の法律をまず確認することも大切です。

オンラインカジノへの入金と出金

オンラインカジノは、パソコンやスマートフォン上でインターネットを介して遊べるカジノサイトの事。全て海外の会社が運営しているものですが、多くのサイトが多言語展開をしており英語はもちろん、ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語などのヨーロッパの言語をはじめ中国語や日本語でもサービス提供されています。

日本語に関しては、サイトによってどこまで日本語化されているかの差はありますが、大手といわれるオンラインカジノでは大体ゲームのプレイ方法やキャンペーンの内容、入金や出金方法なども日本語で案内されています。ゲーム自体が日本語にで提供されていない場合もありますが、特に英語ができなくてもそれほど困るという事はありません。

そうは言っても、運営をしている会社が日本の会社ではないわけですから、何か問題があった場合に日本語で対応してくれるかどうかは、登録や入金をする前に確認しておきたいポイントです。

オンラインカジノへの入金

海外サイトを利用する上で一番気になるのがやはりお金に関わるところ、オンラインカジノへの入金と出金でしょう。特にカジノの場合は、勝てば大金が得られる可能性があるわけで、せっかく勝っても出金ができない、やり方がわからないというのでは元も子もありません。リアルマネーでプレイするなら、入金方法はもちろん、出金方法も最初に確認をして置く事が大切です。

入金に関しては、大体どこのオンラインカジノでもクレジットカード、各種オンライン決済サービスを用意しています。
クレジットカードは、オンラインカジノが合法を認められている国に居住している場合は問題ありませんが、合法ではないが違法とも確定されていないようないわゆるグレーゾーンの国の場合は、まず利用できないと思ってよいでしょう。これは、クレジットカード発行会社がオンラインカジノでの使用を禁止しているためです。

最も使いやすいのはエコペイズやエントロペイといった決済サービスです。これはカジノへ直接入金するのではなく、決済サービスに口座を開設し、そこへクレジットカード等を使って入金し、その口座からオンラインカジノサイトへ送金する形になります。最初は口座開設など少し面倒ですが、出金の際もカジノサイトから決済サービスの口座へスムーズに出金できる場合が多いので、便利です。もちろん、利用しようとしているカジノがどの決済サービスに出金可能かを調べてから口座を開設しましょう。

オンラインカジノと取引をしているわけですから、決済サービスも海外の会社となります。英語に自信がない場合は日本語に対応しているところを選びましょう。

オンラインカジノからの出金

出金の手続きをする際に、身分証明書コピーを提出する必要があります。運転免許証やパスポートのコピーなどがこれにあたります。写真を撮って送るのが一般的です。また、住所の証明として最近の公共料金の請求書/領収書のコピーも要求されます。これはマネーロンダリング防止のために、カジノサイトへ義務付けられているためであり、政府のライセンスを取得して運営しているオンラインカジノサイトが従わなくてはいけないルールです。これを拒否すると出金してもらえませんので注意しましょう。

このような手続きがあるので、やはりサポートがしっかりしているオンラインカジノを利用するようにしましょう。運営国現地の日本人スタッフが丁寧に対応してくれるカジノもたくさんあります。

オンラインカジノ

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは、その名の通り、インターネット上に開設されたウェブサイトや、インターネットに接続したソフトウェアから実際に金銭を賭けて遊べるカジノサイトの事です。
日本では公営ギャンブルを除く賭博行為が法律で禁止されているため、なんとなく胡散臭いような気がしてしまいますが、実は世界中の多くの国で合法で、政府がその国を対象にオンラインカジノを運営する事業者に対し、ライセンスを発行し、監視の下運営されています。

オンラインカジノが合法的に運営されている国にはイギリス、フランス、イタリア、スペイン等のヨーロッパの大国をはじめ、ポルトガル、デンマーク、チェコ、ルーマニア、エストニア、ブルガリアも政府がライセンスを発行しています。資金の管理はもちろんの事、プレイヤー自身が上限額を設定できるようにするなど、プレイヤーが健全にギャンブルを楽しめるよう規定を設け、事業者の監視を行っています。またギャンブル中毒者が相談できる機関も設けられています。このような国では、街中でオンラインカジノの広告を目にすることもあります。

また、カジノサイトが特定の国を対象としていない場合もあります。サイト側が特定の国のプレイヤーを受け入れていない場合もありますが、それ以外の国からは基本的にアクセスしてプレイする事が可能です。この場合は、プレイヤー自身で居住国の法律をよく理解した上で、自己責任でプレイする事が重要です。多くのオンラインカジノサイトは、マン島、ジブラルタル、マルタ政府などの運営ライセンスを取得してサービス提供を行っています。

オンラインカジノで遊べるゲーム

オンラインカジノサイトではマカオやラスベガスのカジノと同じく、ブラックジャックやルーレット、バカラ、ポーカー、スロットマシン等で遊ぶことができます。スペースの問題がないのでゲームの種類が豊富で、特にスロットゲームは何百種類ものゲームを揃えているサイトが殆どです。また、スタジオとライブ中継で繋がったテーブルで、実際のディーラーと対決するライブカジノも人気です。